オンライン週刊フジ

オンライン週刊フジ

医療費控除の対象となる費用、ならない費用

医療費控除は、 本人又生計を一にする親族のために支払った 医療費が10万円(所得200万円未満の方は所得の5%)を 超える場合に、 超えた部分の金額を所得控除できます(最高200万円)。 なお、セルフメディケーション税...
オンライン週刊フジ

令和2年1月から変わる制度等(税制以外)

◎ハローワークの利用方法の変更…… ハローワークのシステムとインターネットサービスが新しくなり、 ①求人票の様式が変わり、掲載する情報が詳細になる、 ②ハローワーク内のパソコン(検索・登録用端末)と インターネットサービスが一本化され、 同じ求人情報が公開される、 ③インター...
オンライン週刊フジ

令和2年度税制改正大綱(主な中小企業関連)

◎中小向けオープンイノベーション促進税制の創設…… 自社にはない経営資源を活用し、 高い生産性が見込まれる事業又は新たな事業の開拓を目指す中小企業が、 令和2年4月から令和4年3月までの間に 一定のベンチャー企業に1千万円以上の出資をして株式を取得した場合、 その取得価...
オンライン週刊フジ

令和2年度税制改正大綱(主な個人関連)

◎NISA制度の見直し等…… ①一般NISAは、 令和6年から低リスクの投資信託などに限定した年20万円の積立枠と、 上場株式なども投資対象となる年102万円の枠の2階建てに見直す、 ②つみたてNISAは5年延長、 ③ジュニアNISAの口座開設を令和5年までとします。 ...
オンライン週刊フジ

平成30事務年度における所得税の調査

◆61万件の調査で9千億円の申告漏れを把握 国税庁によると、 平成30事務年度(平成30年7月~令和元年6月)に実施した 所得税の調査件数は、実地調査が7万4千件、 簡易な接触(文書や電話、来署依頼)が53万7千件で、 合計61万1千件のうち37万4千件に申告漏れ等の非...
オンライン週刊フジ

NISA口座から課税口座へ移管する場合

◆非課税期間終了後の2つの選択 平成27年(2015年)に一般NISA口座で 購入した上場株式や投資信託等は、 今年末で5年間の非課税期間が終了します。 NISA口座内に保有している上場株式等は、 令和2年(2020年)に設定するNISA口座に移管する 「ロールオーバー」をす...
オンライン週刊フジ

年末調整のポイント

年末調整の時期が近づいてきました。 ◎年末調整の対象者…… 原則として「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出し、 年末まで勤務している方が対象ですが、 *給与総額が2千万円を超える方、 *災害減免法により給与に対する源...
オンライン週刊フジ

退職金等に対する所得税の取扱い

退職金は、 長年の勤労に対する報償的給与として税負担が軽くなるよう、 所得税の取扱いが優遇されていますが、 政府税制調査会は中長期の税制のあり方を示す中期答申において、 働き方や人生設計の多様化を踏まえ、 勤続年数で税...
オンライン週刊フジ

キャッシュレス決済手数料の消費税の取扱い

◆キャッシュレス・消費者還元事業の登録状況 中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使った ポイント還元等を支援する 「キャッシュレス・消費者還元事業」の開始から 1ヵ月が経過しました。 経産省によると現在、 ...
オンライン週刊フジ

「下請法」と「消費税転嫁対策特措法」

毎年11月は「下請取引適正化推進月間」として、 下請法(下請代金支払遅延等防止法)の 普及・啓発が集中的に行われます (今年度の標語は「無茶な依頼 しないさせない 受け入れない」)。 また、消費税率引上げ後の転嫁拒否行為について、 ...

pagetop