オンライン週刊フジ

オンライン週刊フジ

在宅勤務に係る費用負担等のQ&A

新型コロナ感染防止などにより、 テレワークが推進されていますが、 国税庁は在宅勤務手当等に係る課税の取扱いを公表しました。 Q.従業員に在宅勤務手当を支給した場合は? A.例えば、毎月定額の在宅勤務手当 (在宅勤務の費用に使用しなくても返還不要なもの)を支給した場合は、 給与...
オンライン週刊フジ

令和3年度税制改正大綱(主な個人関連)

◎住宅ローン控除の特例の延長…… 住宅の取得等に係る消費税率が10%の場合に控除期間が13年間となる特例措置について、 *令和4年末までの入居者を対象とする、 *合計所得金額1千万円以下の方に対する床面積の要件を40㎡以上に引下げます。 ◎住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置の拡充…… ...
オンライン週刊フジ

令和3年度税制改正大綱(主な中小関連)

◎中小企業の設備投資税制の見直し等…… *投資促進税制は、対象事業に不動産業、物品賃貸業などを加える、 *経営強化税制は、法改正を前提に経営資源集約化措置(仮称)が記載された計画に 必要な設備を加える、 *商業・サービス業・農林水産業活性化税制は、来年3月末で廃止、 *防災・減災投資促進税...
オンライン週刊フジ

閉会した臨時国会で成立した主な改正法等

◎予防接種法の改正…… 新型コロナに係るワクチン接種について、 *予防接種法上の「臨時接種」に位置付けて原則、 接種の努力義務を課す、 *接種費用は国が全額負担する、 *ワクチン接種の健康被害により製造販売業者等に生じる損害賠償等の損失を国が補償する、 などが定められました。 ...
オンライン週刊フジ

教育資金等の贈与に係る非課税措置は延長?

直系尊属(父母や祖父母等)から子や孫などに、 教育資金や結婚・子育て資金を一括贈与した場合の贈与税の非課税措置は、 来年3月末が適用期限となっており、 現在、延長などが議論されています。 ◆教育資金の一括贈与を1500万円まで非課税 教育資金に係る非課税措置は、 直系尊属から...
オンライン週刊フジ

令和2年分の年末調整のポイント

◎令和2年分からの改正…… ①基礎控除額を10万円引上げ等、 ②給与所得控除額を10万円引下げ、 給与収入850万円超の控除額は195万円が上限、 ③給与収入850万円超で子を有する場合などに 最大15万円を控除する所得金額調整控除の創設、 ④扶養親族等の合計所得金額...
オンライン週刊フジ

GoToトラベルに係る税務上の取扱い

GoToトラベルは、 国内旅行を対象に旅行代金の1/2相当額 (上限は1人1泊あたり2万円、日帰り1万円)を支援するもので、 旅行代金の35%割引と15%相当の地域共通クーポンが付与されます。 なお、11月6日以降の予約・販売分からビジネス出張などが対象外となり、 17日以降は1回の旅行で...
オンライン週刊フジ

年末調整における所得金額調整控除の取扱い

◆給与850万円超で子がいる場合などに適用 今年から、基礎控除額は10万円引上げて48万円となり、 給与所得控除額は10万円引下げるとともに、 給与収入850万円超の場合の控除額は195万円が上限となる等の見直しが行われていますが、 子育て等の負担がある方に対する配慮から、 所得金額調整控除が...
オンライン週刊フジ

マスクやPCR検査等は医療費控除の対象?

医療費控除は、 本人又は生計を一にする親族のために支払った医療費(保険金などは差引く)が 10万円(所得200万円未満の方は所得の5%)を超える場合、 超えた金額を所得控除できる制度です。 ◆マスク購入やPCR検査の費用は 医療費控除の対象となる費用は、 医師による診療等の費用や、 ...
オンライン週刊フジ

一般NISAの非課税期間終了時の選択

一般NISAは、 年間120万円を上限に購入した上場株式や投資信託等による譲渡益や配当などが5年間、 非課税となる制度です。金融庁によると、 今年6月末時点で一般NISAの口座数は約1200万7千口座、 買付額は約19兆7千億円となっています。 ◆ロールオーバーをする場合は手続きを ...

pagetop