オンライン週刊フジ

オンライン週刊フジ

本年4月から始まる相続登記の申請義務化

不動産(土地・建物)の所有者が亡くなった際に、 その不動産の名義を相続人に変更する「相続登記」(相続による所有権の移転登記) の申請が本年4月から義務化されます。 ◆不動産の取得を知った日から3年以内に登記 これまで相続登記の申請は任意とされていましたが、 相続登記が行われずに不動...
オンライン週刊フジ

短時間労働者に対する社会保険適用拡大

本年10月から、 特定適用事業所(現行は従業員数101人以上の企業等)で働く 一定の短時間労働者に対する社会保険(厚生年金・健康保険)の適用が拡大され、 特定適用事業所となる規模要件が従業員数「51人以上」の企業等となります。 ◆10月から特定適用事業所となる企業等は 特定適用事業...
オンライン週刊フジ

所得税の確定申告を行う際の注意点等

令和5年分の所得税の確定申告が今月16日から始まります (石川・富山県以外は3月15日まで)。 ◆確定申告を行う際の主な注意点等 ◎医療費控除…… 入院給付金や高額療養費などの補填された金額は、 給付の対象となった医療費を限度として差し引きます。 ◎寄附金控除(ふるさと納税)...
オンライン週刊フジ

給与所得に係る定額減税の実施方法

令和6年度税制改正により、 納税者及び配偶者を含む扶養家族1人につき、 令和6年分の所得税から3万円、 令和6年度分の個人住民税から1万円を控除する定額減税が実施される予定です (納税者の合計所得金額が1805万円超の場合は対象外)。 ◆給与所得に係る所得税の定額減税 令和6...
オンライン週刊フジ

贈与税の申告が必要となる方は

令和5年分の贈与税の申告は2月1日~3月15日までとなります (石川県・富山県は期限延長)。 ◆贈与税の申告が必要となるケース 令和5年中に個人から現金や不動産、 有価証券などの財産の贈与を受けた方で、 次のようなケースに該当する場合は贈与税の申告が必要となります (扶養義務...
オンライン週刊フジ

医療費控除の適用を受ける場合は

1年間に本人又は生計を一にする親族のために支払った医療費が 原則10万円(総所得金額等が200万円未満の場合は、その5%)を超える場合は、 その超える部分の金額(最高200万円)を 所得控除できる医療費控除の適用を受けることができます。 なお、セルフメディケーション税制(特定のOTC医薬...
オンライン週刊フジ

1月から適用される主な制度(その他)

相続・贈与関連以外の制度は以下のとおりです。 ◎新NISAの開始…… 上場株式等から得られる利益が非課税となるNISAについて、 一定の投資信託が対象となる「つみたて投資枠(年間投資上限120万円)」と、 幅広い投資商品が対象となる「成長投資枠(同240万円)」の併用により 年36...
オンライン週刊フジ

1月から適用される制度(相続・贈与関連)

本年1月から適用開始となる制度のうち、 相続や贈与に係るものは以下のとおりです。 ◎マンションに係る相続税評価の見直し…… 居住用の区分所有財産(分譲マンション)の相続税評価額と市場価格に大きな乖離があることから、 令和6年1月以後の相続や贈与で取得した分譲マンション(一室)は、 ...
オンライン週刊フジ

令和6年度税制改正大綱(主な個人関連)

主な個人関連には以下のような改正があります。 ◎所得税・個人住民税の定額減税…… 納税者及び配偶者を含む扶養家族1人につき、 令和6年分の所得税から3万円、 令和6年度分の個人住民税から1万円の減税を実施する (令和6年6月以後の源泉徴収・特別徴収等で控除)。 ただし、納税者...
オンライン週刊フジ

令和6年度税制改正大綱(主な中小関連)

令和6年度税制改正大綱が公表されました。 主な中小企業関連には以下のような改正があります。 ◎中小企業向け賃上げ促進税制の見直し…… 給与等支給額が増加した場合の税額控除制度について、 ①当期の税額から控除できなかった額は5年間の繰越しを可能とする (繰越控除をする年度において雇用...

pagetop